論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/観光立国の憂い  [2018年12月27日1面]

 年末年始は帰省や旅行などに出掛ける方も多かろう。鉄道や飛行機、自動車などの利用が集中し例年のことながら大変な混雑や渋滞が予想される▼利用者サービスの一環で、交通機関の事業者側が輸送能力増強に向けた投資を行えばいいかと言えば、ことはそれほど簡単に進まない。一時的に急増した旅客数が元に戻れば採算性が低下し、過剰投資が事業継続に重くのし掛かる▼インバウンド(訪日外国人旅行者)が急増する地方などの観光地では「オーバーツーリズム」が問題になりつつある。過剰な混雑が観光施設の受け入れ能力を超過するだけでなく、渋滞悪化やごみの増大など、地域住民の日常生活にも悪影響を及ぼす事態が起こっているという▼インフラ分野でもトイレ増設に伴う下水道整備や道路の拡幅・拡充などでコストが膨らむ。観光客の増加で地域が得られる利益以上に負担や損失が大きくなっては、国策のインバウンド戦略も本末転倒だ▼来年以降、ラグビーワールドカップや東京五輪、大阪万博など、世界各国から人々が集まるイベントがめじろ押し。オーバーツーリズムへの早急な対応が必要ではないか。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。