工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関東整備局/八ツ場ダム建設事業(群馬県長野原町)/本体工事が大詰めに  [2018年12月28日4面]

関係者が多数参加しコンクリート打設完了を祝った

 関東地方整備局が群馬県長野原町で建設中の八ツ場ダム本体工事が大詰めを迎えている。ゲート部分を除いた堤体の非越流部は、26日にコンクリート打設が完了し、堤頂まで立ち上がった。=1面参照
 施工を担当する清水建設・鉄建建設・IHIインフラシステム異工種JVは同日、非越流部の打設完了を祝う式典を現地で開いた。同局八ツ場ダム工事事務所の朝田将所長や同JVの平塚毅統括所長ら現場関係者が出席する中、左岸ダムサイトのコンクリート製造プラントから、最後のコンクリートが運搬され、打設作業が行われた。
 残るゲート部分では、非常用洪水吐き設備の組み立て・据え付け作業を進めている。同局は来秋ころの試験湛水開始を目指している。完成は19年度末を予定している。
 同ダムは堤高116メートル、堤頂長290・8メートル、堤体積約100万立方メートルの重力式コンクリートダム。総貯水量は1億0750万立方メートル。洪水調節や水道・工業用水の確保、発電などさまざまな観点から首都圏を支えるインフラとして機能する。インフラツーリズムも盛んで、秋の紅葉シーズンなどに多数の観光客が現地を訪れている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む