企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

奥村組ら/石狩湾新港(北海道)でバイオマス発電事業/19年11月に着工  [2018年12月28日3面]

 奥村組は27日、バイオマス発電の開発を手掛けるシンエネルギー開発(群馬県沼田市、高橋伸也社長)と共同でバイオマス発電事業を開始すると発表した。北海道に出力51・5メガワットの火力発電所を建設。発電全量を北海道電力に売電する。19年11月に着工し、22年10月に運用を開始する予定だ。
 バイオマス発電事業はシンエネが立ち上げた特別目的会社(SPC)の石狩新港新エネルギー発電合同会社が行う。奥村組がSPCに出資するため、シンエネの出資持ち分を譲り受ける持ち分譲渡契約を締結した。
 発電施設は石狩、小樽両市に位置する石狩湾新港地域(石狩湾新港工業団地)内の敷地約5万平方メートルを活用する。木質ペレットやパームヤシ核殻(PKS)を主原料とする火力発電施設を建設する。年間の発電電力量は一般家庭約12・1万世帯に相当する約3・6億キロワット時を見込んでいる。
 運転開始から20年間は固定価格買い取り制度を活用し売電する。奥村組がバイオマス発電事業に参画するのは初といい、「再エネ市場の広がりが期待できる」(新事業開発部)ことから出資を決めた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む