技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/ダムコンクリート自動打設システム開発/製造から運搬・打設を全自動化  [2019年1月8日2面]

製造から運搬までの一連の作業を自動化する

 清水建設は7日、ダム工事のうち軌索式ケーブルクレーンによるコンクリート打設を対象に「ダムコンクリート自動打設システム」を開発したと発表した。コンクリートの製造から運搬・打設まで一連の作業が完全自動化できる。施工管理者が事前に作成した打設計画を入力すれば、全自動によるコンクリートの連続打設が可能になる。
 バッチャープラント(コンクリート製造設備)への材料供給からケーブルクレーンによるコンクリート運搬、打設まで一連の作業を自動化する。施工管理者が行うシステム操作はコンクリートバケット(鋼製容器)の運搬先となる打設位置の3次元座標と、投入するコンクリートの配合種別などのデータ入力だけで済む。
 入力後は骨材貯蔵設備、バッチャープラント、トランスファーカ(運搬台車)、コンクリートバケット、軌索式ケーブルクレーンなど各設備が連動し、一連の作業を完全自動で繰り返す。ダム堤体のコンクリート打設は製造、運搬、打設の手順で実施する。繰り返しとなる作業を自動化することで省人化、工期短縮などの効果が見込まれる。
 総合管理画面から自動打設の進捗(しんちょく)を一目で確認することも可能。管理画面にはバッチャープラント、軌索式ケーブルクレーンなどの各設備から出力される動作信号をもとに、リアルタイムの打設状況がビジュアル表示される。
 盛岡市で清水建設・鴻池組・平野組JVが建設を進めている「梁川ダム建設(堤体工)工事」(岩手県発注)に同システムを導入する予定。3月下旬から再開する堤体コンクリート打設に本格適用する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。