人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

建築家・中園正樹氏が死去/提案力・設計力で多くの秀作/後日お別れの会  [2019年1月8日1面]

中園氏

 建築家の中園正樹(なかその・まさき=松田平田設計最高顧問・前社長)氏が昨年12月25日に死去した。76歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は妻のともゑ(ともえ)さん。後日、お別れの会を開く予定。日時や場所は未定。
 1942年生まれ。64年に武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部建築学科を卒業し、松田平田坂本設計事務所(現松田平田設計)に入社した。取締役、常務を経て95年に社長就任。身の丈に合った経営を貫き通し、社会の変化に対応できる組織づくりに心血を注いだ。18年12月6日付で最高顧問に就き、後進に将来を託した。
 松田軍平、平田重雄両氏の顔を見た最後の世代として、「建築に対する理念と情熱、職能倫理を常に堅持し誠実・公正な設計を行う」という創業者の精神を自ら実践。優れた提案力と設計力を発揮し、横浜国際総合競技場や東京国際空港(羽田)第2旅客ターミナルなどの秀作を残した。日本建築学会賞やBCS賞など多くの賞も受けた。
 中園氏の死去を受け、高校時代からの後輩となる建築家・新居千秋氏は、日刊建設工業新聞の取材に「格好いい先輩だった。自宅も近く普段から声を掛けていただき、困った時には心配し支えてくれた」とコメント。「松田平田では新しいことができる、そんなきっかけを作った人。建築にとどまらずファッションなどに対しても美意識が高く、存在感やキャラクターが際だっていた。建築界がつまらなくなってしまう」と別れを惜しんだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む