工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

静岡県島田市/旧金谷庁舎跡地利活用/官民連携手法を初導入へ、1月21日に説明会  [2019年1月9日11面]

 静岡県島田市は、旧金谷庁舎跡地利活用に市では初の官民連携手法を導入するため、事業に関する説明会を21日に開く。新たな生活交流拠点の整備やコミュニティーバスなど公共交通ネットワークの構築など「コンパクト+ネットワーク」を実現する取り組みで、説明会を通じ事業参画へのきっかけづくりとする。19年度はアドバイザリー業務を委託し、事業者の公募手続きに入りたい考え。
 対象地域は、旧金谷庁舎や金谷生涯学習センター、公園などがある金谷代官町の約1・3ヘクタール。計画では、市役所支所と地域包括支援センター、集団健康診断拠点が入る公共機能と、生活利便施設などの民間機能が入る複合施設を整備。既存の都市公園(三代島1号公園)は、健康増進の場として集団健康診断拠点と一体的に利用するほか、オープンカフェや鉄道のビューポイント整備などでにぎわい創出を図る。また、これらと金谷地区内の各地を結ぶ公共交通ネットワークを整備することで施設の利用促進につなげる。
 現在、「金谷地区生活交流拠点形成等に係る官民連携手法導入可能性調査」を日本総合研究所で実施しており、VFM(バリューフォーマネー)の算出など最終的な取りまとめを急いでいる。説明会では、これまでの調査成果を踏まえ事業概要や事業手法などを説明。質疑応答も行う。説明会は21日午後1時30分から、市民総合施設プラザおおるりで開催。参加希望者は16日までに申し込む。問い合わせ先は行政経営部資産活用課(電話0547・36・7124)。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む