技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

五洋建設/SEP型多目的起重機船が完成/国内初の800トンつり大型クレーン登載  [2019年1月9日1面]

完成したSEP船

 五洋建設が建造していたSEP(自己昇降式作業台)型多目的起重機船「CP-8001」が完成した。国内で初めて800トンつりの大型クレーンを搭載したSEP船。北九州港(北九州市)が母港となる。
 気象・海象条件が厳しい海域でも高い稼働率を確保でき、安全に高精度な施工が可能となる。大型海洋構造物や洋上風力発電向けの10メガワット級風車の設置作業にも対応できる。洋上風力発電施設の設置工事や港湾工事などで積極的に活用していく。
 基本設計はオランダのグストMSCが担当。ジャパンマリンユナイテッド(横浜市西区、千葉光太郎社長)が建造した。
 既に保有している自航式多目的起重機船「CP-5001」との併用で、効率的な作業が可能になる。海上工事の生産性向上に向け新造したSEP船を活用していく。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む