企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東急電鉄ら/新宿ミラノ座跡地再開発/エンターテインメント運営会社設立、8月着工へ  [2019年1月10日1面]

複合ビルの完成イメージ(大久保方面から)

 東京急行電鉄と東急レクリエーションが東京・歌舞伎町で進める「新宿TOKYU MILANO再開発計画」に関連し、エンターテインメント施設の企画・運営会社が設立された。施設は約850席の劇場、最大約1500人収容のライブホール、8スクリーンの映画館などで構成する。
 両社にソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区、水野道訓代表取締役最高経営責任者〈CEO〉)を加えた3社が出資。社名は「TSTエンタテイメント」で、東急レクリエーションの石崎達朗取締役兼常務執行役員が代表取締役に就いた。
 同計画では、歌舞伎町の映画館・新宿ミラノ座跡地を中心とした敷地を開発。地下5階地上48階建て延べ8.9万m2、高さ225m規模の複合ビルを建設する。低層部に店舗やラウンジを配置。中層部はエンターテインメント施設、高層部がホテルとなる。
 設計は久米設計と東急設計コンサルタントが担当。8月の着工、22年8月の竣工を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。