行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/女性活躍推進で19年度に新行動計画検討/官民一体で担い手確保・育成に注力  [2019年1月11日2面]

 国土交通省は19年度、建設業の担い手確保・育成の一環として、女性活躍の推進方策を検討する。官民で取り組む「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」(14年8月策定)の5年間の成果や課題を総括。それを踏まえ、新計画の策定に向けた検討に着手する。女性活躍の機運をさらに高め、業界が自律的・継続的に女性活躍に取り組める環境を整備する。
 19年度予算案で、誰もが安心して働き続けられる環境整備の経費として55百万円を計上。うち女性活躍の推進に14百万円を充てる。
 国交省と業界団体は共同策定した行動計画で、現場で活躍する女性技術者・技能者を5年後に倍増させる目標を掲げた。計画を策定した14年8月から17年度まで、建設業に関心を持ち、入職する女性を増やすための各種取り組みが官民で行われてきた。
 18年度も入職・定着に向けた支援策を展開中だ。入職促進策の一つとして、内装や左官、造園といった女性になじみやすい職種を重点的にサポート。こうした職種の団体に対し、家庭との両立に配慮した労働時間の見直しなど業務改善事例をテーマとしたワークショップを開催。特に有効な事例を取りまとめてポータルサイトで発信する予定だ。
 女性活躍を応援する地域ネットワークを支援する。女性の入職・定着に関する取り組みを促進するため、建設産業女性活躍推進ネットワーク(事務局・建設業振興基金)が昨年12月に発足。全国で女性活躍を推進する25の地域組織が参画。今後、連携を広げて情報共有の場にしていく。2月8日には都内で「建設産業女性活躍推進セミナー全国大会」を開催する。
 国交省は19年度に有識者会議を立ち上げ、新計画策定に向けた検討に着手する。現計画の5年間を総括し、施策や取り組みの効果を検証・整理。それを踏まえ新しい計画を策定し、官民一体で担い手の確保・育成に一層力を注ぐ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。