技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

パシコン/道路の現地踏査効率化システムを開発/スマホ専用アプリで記録、報告書作成  [2019年2月12日3面]

 パシフィックコンサルタンツは、ICT(情報通信技術)を活用して交通関連の調査業務を効率化するシステムを開発した。道路の新設や維持管理などで必要となる現地踏査の情報をスマートフォンで記録しながら、報告書を自動作成するツールと、交通量や事故などの情報を自動分析するツールを組み合わせてシステム化。報告書作成や分析結果の取りまとめ時間の大幅な削減を目指す。近く実現場に導入する方針だ。
 開発した「現地踏査ツール」は、調査・設計の前段階に当たる現地踏査の省力化を実現する。専用アプリを入れたスマホを現地に持参し、衛星利用測位システム(GPS)などで取得した調査位置情報などをクラウドサーバーに集約する。これにより、撮影写真を添付した状態の報告書が自動で作成される。国土地理院が運営する「電子国土Web」とも連携しているため、担当者間での情報共有も可能という。
 表計算ソフトのエクセルを使用した「BIツール」は、交通量や事故発生の頻度を自動で取得できるプログラムを使用する。グラフ作成時間や分析結果を簡単に算定できる。汎用性の高いエクセルを使用しているため、さまざまなファイル形式のデータを取り込める。データを基に複数のグラフを表示したリポートにより、幅広い分析を可能にする。同時に事故の発生傾向などもつかめるため、発注者に対し、より付加価値の高い提案ができる。
 将来的には人工知能(AI)やビッグデータとも連動させ、さらなる生産性向上を目指す。調査・設計業務でICT化を加速させ、社員の働き方改革を後押しする。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む