技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

前田建設、高知工科大学ら/資機材の自動搬送システム開発/エレベーターと連携動作  [2019年2月15日3面]

開発した資機材の自動搬送システム

 前田建設と高知工科大学、サット・システムズ(高知市、猪野真吾社長)の3者は、資機材の自動搬送システム=写真=を共同開発した。現場内に設置した簡単な目印を活用して資機材を目的の場所まで無人運搬する。建物の下層階で資機材などの荷物を受け取った後、エレベーターに自動で積み込む。エレベーターが目的階に達すると、同システムが昇降機から自動で資機材を取り出し指定した場所まで安全に搬送する。
 自動搬送システムは主に建築作業所の屋内搬送が対象。同システムとエレベーターは互いに通信しながら連携して動作する。工事の進捗(しんちょく)などで現場内の環境が変化しても目印を置き換えるだけで同システムは利用可能。煩雑な設定作業を一切行わず、作業員が感覚的に使用できる。加えて資機材が集積場に整然と並べられていなくても、自動で対象物を認識して資機材などを運ぶ機能や、荷物置き場の空きスペースを判断して所定の場所に荷置きする機能を備える。静的・動的障害物に対する自動回避機能、遠隔での緊急停止機能も備えるなど安全性に配慮している。
 4月から東京都内の建築現場で同システムの運用を開始する予定だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む