企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ミサワホーム/大末建設の株式を追加取得/持分法適用関連会社に  [2019年2月28日1面]

 ミサワホームは27日、資本業務提携している大末建設の株式を追加取得すると発表した。現在も筆頭株主として発行済み株式の14・03%を保有。追加取得後の保有割合は19・24%となる。株式の追加取得によって同社はミサワホームの持分法適用関連会社となる。
 同日に株式譲渡契約を結んだ。受渡日は3月29日を予定。両社の連携を深化し、事業拡大のスピードを加速させることが狙い。
 ミサワホームが取り組むリフォーム事業や街づくり事業と、大末建設が持つ大規模建築や非住宅建築のノウハウを融合することで、大きなシナジー(相乗効果)が見込めるとの判断。両社は2018年5月に提携した。営業情報の相互活用や建築技術の共有を図るとともに、ミサワホームの開発案件で設計・施工業務を大末建設に発注するなど連携を強めていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。