人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/国土交通省関東地方整備局河川部河川計画課建設専門官・荒川佳子さん  [2019年3月4日12面]

荒川佳子さん

 ◇また関わりたいと言われるように
 大きな構造物を造るプロジェクトに携わりたい-。その思いをかなえるため、就職先に建設省(現・国土交通省)を選んだ。現在担当しているのは国の「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づき各地域に設けた減災対策協議会の進捗(しんちょく)管理など。「住民が逃げ遅れない取り組みを進めるのが重要」だと考えている。
 自分自身を「決して器用なタイプではない」と冷静に分析。「またこの人と関わりたい」と言ってもらえることを信条に、任された仕事と向き合っている。
 2011年の東日本大震災では、久慈川下流出張所の所長として緊急復旧の陣頭指揮を執り、工事を完成させた。災害対応に追われる中、住民の方に掛けてもらった「こんなに忙しくしてもらっているのに文句は言えないよ。引き続き頑張ってください」という言葉が、何よりも励みになった。
 スケジュールをしっかりと管理し、オンとオフのメリハリをつける。それが仕事とプライベートを充実させる秘訣(ひけつ)だと思っている。管理職として部下のワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)にも気を配り、「みんなの時間をすり合わせるのは大変だけど、工夫してさらに働きやすい職場にしたい」と力を込める。(あらかわ・よしこ)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む