技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鴻池組/作業打ち合わせシステムの運用開始/スマホで連絡調整や日報作成省力化  [2019年3月5日3面]

システム全体イメージ

 鴻池組は、スマートフォンを使った作業打ち合わせシステム「KOCoMeeting」を開発し、現場運用を開始した。協力会社の職長による作業予定や人員配置などの入力、同社による入力事項の確認などが場所と時間を問わずにできる。現場で行われている作業間連絡調整や作業日報の作成を省力化し、同社と協力会社の双方で労働時間削減につなげていく。
 「KOCoMeeting」は職長らが持ち歩くスマホを使用し、協力会社側のデータを入力する。安全注意事項やリスク評価などは、作業内容などに応じて入力候補がドロップダウン形式で提示され、容易に選択入力できる。繰り返し入力機能や、社内システムから工事基本データなどを自動取得する機能なども搭載し、入力作業の手間を省いている。
 入力された情報は、各現場の運用形態に応じたタイミングで、いつでも帳票データが出力できる。作業打ち合わせ時の関係者間の意思統一がスムーズになるとしている。施工管理のペーパーレス化により、現場職員の事務処理や情報管理も省力化できるという。
 従来は現場作業の内容や人員配置、安全注意事項などを記録する「作業日報」を、手書きで記入し管理していた。職種や記載内容が多岐にわたり、作成に多くの時間を費やすため、長時間労働の要因の一つになっていた。現場からの改善要望を踏まえ「簡単」と「いつでも、どこでも」をコンセプトに、ICT(情報通信技術)活用による業務の効率化を図ることにした。
 同システムは2018年10月から本運用を開始しており、改良を重ねている。今後もICTを活用した現場管理業務用システムの充実を図り、生産性向上や働き方改革を推進していくとしている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む