工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JR東海/中央新幹線・名古屋駅新設工事が急ピッチ/営業線直下の難工事  [2019年3月8日1面]

 JR東海が進めているリニア中央新幹線の建設プロジェクトで、新設する名古屋駅の建設工事が急ピッチで行われている。新駅は東海道新幹線、在来線の名古屋駅直下に設置され、「営業中の新幹線の下で行うこれまでにない地中工事になる」(出口彰同社中央新幹線建設部名古屋建設部愛知工事事務所長)という。=4面に詳しく
 東海道新幹線の既存高架を受け替えた上で地中を掘削するため、現場は深さ約75メートルの地中連続壁や仮受け杭を構築する仮受け準備工を実施している。
 作業空間が高架下に限られており、高さを抑えた専用の掘削機や鉄筋かごの建て込み機を駆使しながら、「安全、環境の保全、地域との連携」(同)をモットーにした急速施工が続く。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む