企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

積水ハウス/造成や高層建築技術に期待/鴻池組の子会社化で  [2019年3月12日3面]

仲井社長

 積水ハウスの仲井嘉浩社長は8日、報道機関向けに開いた2019年度の経営計画説明会で、鴻池組を傘下に収める鳳ホールディングス(HD、大阪市中央区、蔦田守弘社長)の連結子会社化の狙いなどを語った。最も期待する分野は鴻池組が持つ造成関係の土木技術で、2番目に高層建築技術を挙げた。
 仲井社長は鴻池組について「一番の魅力は土木や造成の力だと思っている。その次に高層建築技術がある」と述べた。極寒地や塩害対策が必要な地域での施工なども期待分野に挙げ、「良いところがミックスできて事業が推進できると思う」と語った。ホテル世界最大手の米マリオット・インターナショナルとともに進めている地方創生事業「トリップベース道の駅プロジェクト」に伴うホテル建設でも、鴻池組と連携していく。
 積水ハウスは、15年11月に鳳HDと資本提携契約を締結し、筆頭株主になっていた。子会社化は10月1日を予定している。資本関係の強化により人的交流など活発化させるほか、鴻池組と連携して企業・公的不動産の資産価値を高めるCRE・PRE戦略ソリューション事業や請負型ビジネスも拡大させるとしている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む