人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

土木学会/20年度会長に家田仁氏内定/6月14日正式決定  [2019年3月18日1面]

家田氏

 土木学会(小林潔司会長)の第108代会長候補に、家田仁政策研究大学院大学教授が内定した。第107代会長となる2019年度の林康雄鉄建建設代表取締役会長の後任として、20年度の会長となる。6月14日に開く総会で正式決定する。
 家田 仁氏(いえだ・ひとし)1978年東京大学工学部土木工学科卒、日本国有鉄道入社。84年東大工学部助手、86年同工学部助教授、95年同工学部教授、2014年政策研究大学院大学教授を兼任し16年から専任。土木学会では11年度の副会長を務めた。東京都出身、63歳。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む