企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井住友建設/ミャンマーで橋梁建設受注/横河ブリッジとJV、総額280億円  [2019年3月19日1面]

バゴー橋の完成イメージ(国際協力機構提供)

 三井住友建設は18日、ミャンマー・ヤンゴン市のバゴー川に架ける「バゴー橋」建設工事を、横河ブリッジとのJVで受注したと発表した。約2・7キロを施工する。受注総額は約280億円。12日に首都ネピドーで発注者の建設省橋梁局と契約した。
 工事名称は「バゴー橋建設事業(CP1-CP2)」。ヤンゴン市中心部と、ティラワ経済特別区を含むタンリン地区を隔てるバゴー川に、政府開発援助(ODA)で橋梁を整備する。CP1では延長1312メートルのアプローチ道路や、PC箱桁橋・鋼箱桁橋・鋼斜張橋を、CP2では延長1364メートルの鋼箱桁橋・PC箱桁橋と料金所を建設する。工期は32カ月。
 設計は▽日本工営▽オリエンタルコンサルタンツグローバル▽首都高速道路会社▽長大▽大日本コンサルタント-の5社JVが担当した。
 2013年にヤンゴン事務所を開設した同社は、ODA工事の受注に併せて、日系企業の進出に伴う生産施設などの建設工事も請け負いながら、ミャンマーの経済発展に貢献していく。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む