工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

愛知県企業庁/西尾市に次世代産業用地造成へ/デンソー向け工場用地整備  [2019年3月22日10面]

 愛知県企業庁は20日、西尾市内にデンソー向けの次世代産業用地を新たに開発すると発表した。同社善明製作所の南側隣接地約52ヘクタールを造成し、自動運転など次世代自動車技術による新たな産業拠点づくりを支援する。2019年度から用地取得に入り、同年度内の造成工事着手を目指す。予備・詳細設計はオオバが担当した。
 対象地は吉良町、善明町にまたがる区域。国道23号西尾東インターチェンジから南に約4キロ。同社や市の要請を受け、県企業庁が用地取得と造成を担当することになった。用地取得にめどが付き次第、造成工事に入る。造成工事費は補正予算で対応する予定。大規模造成のため、盛り土と切り土の量を合わせ、土砂の搬出入を減らすなど、環境に配慮した開発とする。
 デンソーはトヨタ自動車グループの中でも、電子部品やパワートレインなどの開発・製造を担当。善明製作所では、ディーゼル関連の制御部品などを製造している。今月12日には、コネクティッドカー関連のソフトウエア開発を行っている米国Airbiquity社(ワシントン州シアトル)にトヨタ自動車らとともに出資するなど、次世代モビリティー開発にも力を入れている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む