技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/改修・解体工事の騒音予測システム開発/1分程度で計算可能に  [2019年3月22日3面]

解体・改修工事では、建物を伝わる騒音と空気を伝わる騒音がある

 大成建設は、改修・解体工事の際に壁や床を揺らすことで生じる建物内の騒音(固体伝搬音)を予測するシステムを開発した。建物の一部を居住者が使用したまま工事を行うケースを想定。工事に伴う振動波の性状や部材間の反射などを考慮することで、より正確な騒音数値の予測を可能にした。解析に必要な要素数を抑え、計算時間は大幅に短縮した。
 開発したのは固体伝搬音予測システムの「TSounds-Structure(ティーサウンズ・ストラクチャー)」。建物のスラブ、梁、柱などに対し、振動波がどのように反射、または通り抜けたかを近似的に解析する統計的エネルギー解析法を採用した。実験の結果、従来の手法よりも実際の値に近い予測値が得られたという。
 従来の手法では部材を細かく分割するメッシュ要素を構築した上で騒音解析を行っていたため、中規模ビル(延べ床面積3305平方メートル以上9917平方メートル未満)で計算に1日以上かかっていた。新システムは解析に必要な要素を柱や梁、スラブなど大きな単位で捉えた。これにより同じ規模のビルの場合、約1分での計算を実現した。
 空気中を伝わる騒音を予測する既存の空気伝搬音予測システム「TSounds-Ambience(ティーサウンズ・アンビエンス)」との連携も可能だ。壁や床と空気からどのように騒音が伝わるかパソコン上で色分けして表示されるため、対策の内容や範囲を効率的に決めることができる。
 今後は、地下鉄など建物外から発生する固体伝搬音の予測もできるように改良を進める。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。