人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/東京都下水道局建設部設備設計課・竹内真悠子さん/やりたいことは今やる  [2019年3月25日14面]

竹内真悠子さん

 大きな機械に心が引かれるという。東京都下水道局に入った1年目は、下水道施設を回り、機器類の点検に明け暮れた。当時はベテランの先輩が大勢いて「やってみろ」と言われて、不具合の出た機械の修理や補機の交換などさまざまなことに挑戦した。お世話になった先輩が定年退職で職場を去った今、「職人気質の人たちと接することができた最後の世代だったのかもしれない」と当時を懐かしく感じる。
 今は現場を離れ、設計書のチェックや発注段階の事務処理などを担当する。「実際に下水道の機械に触った経験がないと、現場に適した設備設計が分からない」。今の仕事でも現場経験が役に立っている。
 多趣味だが共通しているのは「人がつくったものが好き」なこと。機械設備だけでなく土木にも興味があり、建設局の研修に参加することもある。はにかみながら「研修も趣味の一つかもしれない」と話す。
 人生観が変わったのは環境局に在籍した時に起こった東日本大震災だ。2011年の3月末から4月初めまで被害の大きかった宮城県石巻市に入り、家屋の被害調査を支援した。人の営みを根こそぎ奪い去る災害の残酷さを目の当たりにし、「先延ばしにするのではなく、やりたいことは今やろう」と心に刻みつけた。
 これからも自分の気持ちに正直に、好きなこと、やりたいことに挑んでいく。(たけうち・まゆこ)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む