行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

安井建築設計事務所が創業95周年/本社で木管五重奏コンサート開く  [2019年4月3日1面]

 安井建築設計事務所が1日、1924年の創業から95周年を迎えた。記念事業のキックオフイベントとして同日、大阪市中央区の本社ロビーで関西フィルハーモニー管弦楽団の木管五重奏コンサートを開催。役職員や取引先関係者らが美しい音色に酔いしれた=写真。
 コンサートに先立ち、佐野吉彦社長が「きょう、95周年を迎えられた。建築も音楽も歴史は長く、一緒に歩んできた。コンサートの空間は演奏者と聴く者が一緒につくるものだ。楽しんでほしい」とあいさつした。
 同楽団の浜橋元専務理事は「楽団は1970年に発足し、佐野社長の父・佐野正一氏らが80年に後援会を立ち上げ、40年近く支えていただいている。今回披露するのは難しい曲だったが一生懸命演奏したい」と語った。コンサートではファルカシュ・フェレンツ作曲の「『17世紀の古いハンガリーの舞曲』より」などを演奏した。
 同社は95周年事業として会社パンフレットを刷新。100周年に向けたホームページ見直しなどにも着手する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。