行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鈴木組(東京都文京区)/自社運営の職業訓練校で入校式開く/5人、一流のとび職人へ  [2019年4月4日3面]

入校生らの記念撮影

 とび・土工工事業の鈴木組(東京都文京区、鈴木央社長)は3日、自社運営している訓練施設「鈴木職業訓練校」(東京都足立区)で、第25期生の入校式を開いた=写真。本年度の新入社員4人と聴講生1人の計5人が入校。学長を務める鈴木社長が辞令を交付し、教育訓練をスタートさせた。
 同校は「建築施工系とび科」の企業内訓練校。1994年に東京都知事の認定を受けた。社員を対象に学科や実技の教育を1年間行う。総訓練時間は1600時間で、資格取得も支援している。
 式典で鈴木社長は「目標を定め、目的を持って、自分に課題を与えてみてほしい。ともに羽ばたいていこう」と呼び掛けた。同社は大林組のとび工事を担う有力協力会社。来賓として出席した大林組の森田康夫執行役員東京本店建築事業部担任副事業部長は「立派な職人になって、現場でお会いできる日を楽しみにしている」とエールを送った。新入社員の宇根底師人さんは「一流のとび職人になれるよう努力する」と抱負を語った。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む