工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

イオンモール/名古屋市に初のオフィス複合型商業施設建設、21年秋開業へ  [2019年4月10日4面]

オフィス複合型商業施設の完成イメージ

 イオンモールは9日、名古屋駅の北側に2021年秋、初のオフィス複合型商業施設「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」を開業すると発表した。設計者と施工者、施設規模は未定。
 建設地は名古屋駅北側に位置する「ノリタケの森」の隣接地(名古屋市西区則武新町3丁目)約5万7000平方メートル。ノリタケカンパニーリミテドの洋食器工場の跡地で、同社がイオンモールに売却した。27年を予定するリニア中央新幹線の開業に向け、企業誘致が見込まれるため「働く人と企業を支えるオフィス複合型商業施設」を建設。オフィスワーカーや周辺住民、観光客をターゲットに、都市部ならではの単身生活者にも使いやすい商業施設とする。美容院やコインランドリーなども設ける。
 年間31万人が来場するミュージアム型複合施設の「ノリタケの森」に隣接することから、郊外型モールとは一線を画し観光客向けの飲食スペースを設ける。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。