人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/土木学会研究事業課・丸畑明子さん/母からのバトンを娘に  [2019年4月15日12面]

丸畑明子さん

 研究事業課で委員会業務を担当する。この課に配属されるのは2度目。論文集の編集・発行にも携わる。小学4年生の娘を持ち、子育てと仕事を両立する。「毎日が時間との戦い」というが、朝は必ず娘を送り出してから自宅を出る。
 大学で土木を専攻し、卒業後はコンサルタント会社で働いた経験もある。「学会の仕事は実務と違い、道路や橋が完成した時のような感動はない。それでも任された委員会の運営が滞りなく進み、お礼を言われるとうれしい」と話す。
 一般の方々に土木の魅力を体感してもらうイベントに携わった。1年目は主催者側として、2年目は娘を連れて参加した。「子どもが土木に興味を抱くようになり、夏休みの宿題で一緒に液状化の実験にも挑戦した。ここで働いていて良かった」と笑顔を見せる。
 働く母親を見て育ち、出産後も仕事を続けようと決めた。「今は育休や時短など支援制度が充実しているが、母の時代は苦労したと思う」。感謝の気持ちを抱きながら「当時の女性の頑張りが今の環境整備につながっている。娘が就職するころにはもっと女性が働きやすいようにしてあげたい」。
 東京・四谷にある職場は直前で80メートルほどのなだらかな坂を通る。「下りと上りで仕事とプライベートの切り替えにちょうどいい」。きょうも「切り替え坂」でモードを整える。(まるはた・あきこ)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む