工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

野村不/Landport青梅iii(東京都青梅市)/錢高組で7月着工  [2019年4月17日4面]

 野村不動産は、東京都青梅市で計画する大規模物流施設「(仮称)Landport青梅iii」の施工者を錢高組に決めた。同社は設計も担当。マルチテナント型物流施設の汎用性を持ちながら入居企業の業種を絞り、求められる床加重などのスペックを備える「カテゴリーマルチ型」の物流施設となる。入居企業は明らかにしていない。7月に着工し、2021年2月末の竣工を目指す。
 Landport青梅iiiの建設地は、約12ヘクタールに及ぶ旧東芝青梅工場跡地の一部(末広町2の9の14、敷地面積3万9747平方メートル)。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の青梅インターチェンジから約2・7キロ、JR青梅線小作駅から約820メートルに位置する。建物はS造4階建て延べ8万8110平方メートルの規模となる。
 同物件は、野村不が同跡地で手掛けるLandportシリーズの3物件目。初弾の「Landport青梅i」(RC・S造3階建て延べ6万0795平方メートル)は18年11月末に竣工済み。2物件目の「同青梅ii」(同3階建て延べ6万7107平方メートル)は、20年2月末の完成を目指し建設工事が進む。2件とも錢高組が設計・施工を担当。いずれもカテゴリーマルチ型物流施設として、青梅iに日野自動車、青梅iiに鴻池運輸が入居する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む