行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

建コン協/新会長に高野登氏(日本工営会長)内定/5月23日に正式決定  [2019年4月18日1面]

高野氏

 建設コンサルタンツ協会(建コン協)は17日に開いた理事会で、高野登副会長(日本工営代表取締役会長)が新会長に就く人事を内定した。5月23日に東京都内で開く2019年度通常総会後の臨時理事会で正式決定する。任期は2年を予定している。
 高野氏の会長就任に伴い、副会長にはオリエンタルコンサルタンツの野崎秀則社長と建コン協の酒井利夫顧問兼副会長代行が就く。野崎氏は関東支部長を兼務。4月23日に都内で開く関東支部の総会で支部長に就任する。
 高野 登氏(たかの・のぼる)1975年東京大学農学部卒、日本工営入社。2011年取締役、12年常務、14年代表取締役専務、15年同副社長、17年から同会長。富山県出身、66歳。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。