工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

千葉ジェッツ/新アリーナ建設プロジェクト始動/1万人規模のエンタメ施設に  [2019年4月18日4面]

新アリーナのイメージ

 プロバスケットボールチーム・千葉ジェッツを運営する千葉ジェッツふなばし(千葉県船橋市、島田慎二社長)は、1万人規模の新アリーナの建設を目指すプロジェクトを始動させた。建設地や詳細な施設規模、事業スケジュールは今後検討するものの、同社が所有・運営する方向で整備計画を詰める。エンターテインメントとして試合を提供するための仕様とする一方、試合開催以外の用途に対応できるようにする。
 千葉ジェッツは、プロバスケ・Bリーグの1部で2年連続地区優勝、天皇杯3連覇を果たした強豪。Bリーグ参入以降は観客動員1位の人気チームとなっている。船橋アリーナ(千葉県船橋市)と千葉ポートアリーナ(千葉市中央区)をホームとしているが満員開催が増加。ブースターと呼ばれるファンから「試合を見たいのにチケットが手に入らない」といった指摘が相次いでいる。
 同社は観戦環境の整備をチーム運営や経営の課題に挙げ、より多くのブースターが試合を体験できるよう、新アリーナの建設に乗りだすことにした。パートナーシップ契約を結んでいるミクシィと建設事業の実施に向け資本業務提携しており、ミクシィが株式の過半数を取得し、親会社となる見通し。新アリーナの詳細は未定ながら、「顧客満足を追求する」(同社広報担当者)考え。チームの試合開催は年間30日程度となるのを踏まえ、バスケットボール以外での施設利用も想定した計画を検討するという。

コメント

  • 千葉ジェッツ新アリーナ建設プロジェクト より:

    初めて此の記事を読んだ。我が家がちょうど船橋アリーナのそばにあることから関心を持った。地元発展のためにも、ぜひ、現在の船橋アリーナ近辺に作ってもらいたいもの。近隣商店街、住民ともどもこの計画に全力で協力したい。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む