工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大阪府・市/夢洲IR施設事業コンセプト募集手続き開始/5月24日まで参加受付  [2019年4月26日8面]

IR誘致を目指す夢洲

 大阪府と大阪市は、同市此花区の夢洲地区に誘致を目指しているカジノを含む統合型リゾート(IR)施設について、IR事業者から事業コンセプトを募集する手続きに着手した。正式な事業者公募は今秋にも行う。正式公募に先立ちコンセプトを募り、国のIR基本方針策定後の早期事業者公募と事業実現につなぐ。コンセプト公募の参加登録は5月24日まで、コンセプト提案書は8月ごろまで受け付ける。8~10月に提案事業者と対話する。府市は来春に事業者を正式に決め2024年の開業を目指す。
 コンセプトを募集するのは夢洲地区IR計画の第1期用地。夢洲地区の北部で、場所は此花区夢洲中1。面積は約49ヘクタール。大阪府と大阪市は夢洲地区で第2期と第3期のIR開発も計画している。
 IR事業者は中核施設の設置・運営と中核施設以外の施設の設置・運営、IRの魅力・持続可能性を高める取り組み、ギャンブル依存症対策、治安・地域風俗環境対策などを担う。大阪メトロ中央線の夢洲地区への延伸などの経費の一部202億5000万円を負担するのも条件としている。
 このうち中核施設としてMICE施設(6000人以上収容の国際会議場、中小会議室群、10万平方メートル以上の展示施設)、魅力増進施設、送客施設、宿泊施設(3000室以上)、カジノ施設を計画。中核施設以外の施設は国際競争力を備えたリゾート施設やエンターテインメント拠点、交通アクセス拠点、高品質な飲食・物販・サービス施設を予定している。
 コンセプト募集に参加できるのは、夢洲地区のIR事業を実施する意志があり、事業に関するすべての項目に提案が可能な事業者。一定のIR施設開発・運営実績も求められる。
 提案の主な項目は▽開発コンセプト・全体配置計画▽各施設の規模・機能・運営方針▽懸念事項対策の取り組み方針▽事業スケジュール-。
 担当窓口は大阪府・大阪市IR推進局推進課(電話06・6210・9235)。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。