行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

18年度のセメント需給、国内販売1・9%増/2年連続プラス/協会  [2019年4月26日1面]

 セメント協会(関根福一会長)は25日、18年度のセメント需給実績を発表した。国内販売量(輸入分を除く)は、前年度比1・9%増の4249・9万トンで2年連続の増加。生産量は0・2%減の6023・0万トンとなり、3年ぶりに減少した。輸出は12・2%減の1037・1万トンだった。販売量の合計は国内需要がけん引したものの輸出の大幅減が響き、1・2%減の5287・0万トンにとどまった。
 国内販売量は全国11地区のうち▽北陸(22・7%増)▽東海(6・8%増)▽関東1(4・0%増)▽近畿(1・6%増)▽九州(2・0%増)-の5地区が前年度実績を上回った。
 東京都心部などを含む関東1区は、2020年東京五輪・パラリンピックの関連工事が一段落したものの、みなとみらい(MM)21地区などの工事が活況な神奈川で需要が拡大した。増加率が最も高かった北陸は福井や石川での北陸新幹線延伸工事などが追い風になった。東海はリニア中央新幹線の関連工事や火力発電所の増設工事などが需要をけん引した。
 3月単月の総販売量は前年同月比4・5%減の459・5万トン。生産量は0・9%減の538・0万トンだった。販売量の内訳は国内が0・8%減の358・5万トン、輸出が15・5%減の101万トンとなった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。