工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JR東日本/上越新幹線、275キロ運転へ地上設備工事開始へ/大宮~新潟間で  [2019年5月9日4面]

 JR東日本は8日、上越新幹線・大宮~新潟間の速度向上を目指し、地上設備の工事に着手すると発表した。投資額は約50億円を計画。走行車両をE7系に統一し、現行の時速240キロを275キロに引き上げる。騒音対策として延長約7キロの吸音板設置工事や同約12キロの防音壁かさ上げ工事などを約4年かけて実施する。5月中旬から測量、工事などを始める。
 大宮~新潟間は2階建て車両のE4系に合わせて最高速度を時速240キロにとどめ、最速1時間14分で運行している。E7系は北陸新幹線に採用している車両。上越新幹線の全列車を2022年度末までに同系へ統一することで、速度を引き上げる。時速275キロにすることで、大宮~新潟間は所要時間が最大7分程度縮まる。大宮~高崎間の北陸新幹線でも最大2分程度の時間短縮になるという。
 同日に東京都内で記者会見した深澤祐二社長は、「スピードは競争力の面で効果が大きい。目的地までの時間を短縮する上でも大きな意味がある」と速度の向上に意欲を見せた。275キロ運転は22年度末以降となる見通し。東北新幹線・盛岡以北の320キロ運転(現行260キロ)は「上越新幹線と同じように騒音対策などの工事が必要。技術的な検討の準備、国などとの協議もあり、現在実務的に進めている」と説明した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む