行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JSPO、JOC/新会館(東京都新宿区)が完成/五輪ムーブメントの発信拠点に  [2019年5月17日4面]

完成した新会館

五輪シンボルのモニュメントなどがお披露目された

 日本スポーツ協会(JSPO)と日本オリンピック委員会(JOC)が共同で建設していた両団体の新会館「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」が完成した。設計は三菱地所設計、施工は大林組が担当した。
 所在地は新国立競技場建設地に隣接する東京都新宿区霞ケ丘4の2。建物の規模は地下1階地上14階建て延べ1万9062平方メートル。両団体や各種スポーツ関連団体の事務所などが入居する。1、2階には2020年東京五輪・パラリンピック以降のスポーツの情報発信を担う「日本オリンピックミュージアム」が9月に開館する。
 16日に竣工記念式典が開かれ、関係者によるテープカットや記念モニュメントの除幕式などが行われた。敷地内の広場には、近代五輪の創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵の像や過去に日本で開かれた五輪の聖火台レプリカなどが置かれている。
 報道陣の質問に答えた平岡英介JOC副会長兼専務理事は「新たなスポーツの拠点が完成しうれしく思う。日本オリンピックミュージアムも設置される。五輪ムーブメントの発信拠点として将来にわたり継続的に運営していきたい」と話した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。