論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/自己紹介のテクニック  [2019年5月17日1面]

 新社会人の皆さんは新しい生活に慣れてきた頃だろうか。研修が終わり、配属先や担当業務が決まった直後の10連休で今年は少しリズムが取りにくかったかもしれないが、新しい時代を力強く切り開いて行ってほしい▼職場の仲間や得意先へのあいさつでまず必要なのが自己紹介。よほど珍しい名前でない限り、一度で顔と名前を覚えてもらうのは案外難しい。同時に複数の人と名刺交換した際にも、しばらくたつとどんな人だったかなと記憶がおぼつかなくなってしまうのが常だ▼話し方コンサルタントで大妻女子大学講師の大塚美幸さんによると、「自分=○○」の○○に何が当てはまるかを事前に考えてみることが、自己紹介成功の奥の手という▼自分の特徴を一言で言い表すとしたら、何が一番分かりやすいかを自問しておき、実際の場面では「私は○○です」と結論から入り、興味を持ってもらった上で次になぜそうなのかの理由を伝え、最後にもう一度、「私=○○」と繰り返すとより効果的という▼結論から先に-これは新聞記事を書く上での鉄則でもある。結論を明確にすることで、意思の伝達はよりうまくいく。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。