技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

都市機構ら3者/住戸内の臭気低減工法開発/特殊シートで臭いの発生源封じ込め  [2019年5月22日4面]

 都市再生機構と日本総合住生活、ナオス・テックの3者は、住戸内に残った臭気を短期間で低減する工法を共同開発した。世界最高水準の臭い遮断効果がある特殊なシートを床や壁に直接張ることで、臭いの発生源を封じ込める。都市機構を通じ、同工法を必要とする事業者らに広く技術提供していく考えだ。
 UR賃貸住宅で実施した約60件の実証試験で効果を確認した。賃貸住宅ではさまざまな生活臭が内装材やコンクリートなどの構造材に浸透し、消臭が難しくなっている。
 同工法では臭気物質を事前に測定・分析し、成分ごとに最も適した薬剤で消臭。特殊シートを張りにおいの発生源を徹底的に遮断する。
 特殊シートは凸版印刷が特許を持つ透明蒸着バリアーフィルム「GL FILM」を住宅用に改良した。食品の鮮度を保つため酸素や温湿度変化の影響を受けにくいGL FILMの特徴を生かしながら、建材に確実に接着するようにした。シートの上からクロスを張ることができるなど、施工性にも配慮した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。