技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

宇部興産、出光興産、日揮/CO2使い産業廃棄物を再資源化/技術開発へ研究会設立  [2019年6月12日3面]

 宇部興産と出光興産、日揮の3社は、二酸化炭素(CO2)を使って産業廃棄物を再資源化する技術開発に向け「CCSU研究会」を設立した。複数の大学も参画し、産学協働で低炭素社会の実現を目指す。
 同研究会は3社の研究施設などに設置した。カルシウムを多く含む産業廃棄物と火力発電所や工場から排出されるCO2を反応させて炭酸塩などに転換する。コンクリートの混合物などに使われるという。炭酸塩や金属イオン抽出後の残りかすも建築や土木などの材料として活用する。
 3社はCO2削減に向け技術開発を積み重ねてきた。大学が持つトップクラスの研究力と合わせ開発を急ぐ。今後2年かけ基礎研究を行い、実証試験を経て2030年の実用化を計画している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。