技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

酒井重工業/IT企業と共同プロジェクト実施へ/締め固め機械の自律制御めざす  [2019年6月14日3面]

 酒井重工業は13日、土木工事の盛り土工程などで使用する締め固め機械の自律制御や自動操作などを搭載する業界標準機の開発で、JIG-SAW(東京都千代田区、山川真考社長)と共同でプロジェクトを進めると発表した。年内に研究機を完成させる。
 JIG-SAWはIoT(モノのインターネット)データコントロールサービスの提供などを手掛ける。開発を目指す締め固め機械は転圧管理システムと連携し、作業状況と転圧回数をリアルタイムに把握。締め固め作業を自動制御や複数車両の協調制御で工期短縮を図る。リモートコントロールやIoTを活用した車両情報の収集・管理も目指す。両社は2015年からロードローラー向けの自律走行・操縦システムを共同開発している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。