技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

成田空港会社/赤外線路面点検車を7月導入/目視の4倍の速度で点検  [2019年6月19日4面]

赤外線路面点検車

 成田国際空港会社とグループ会社のエアポートメンテナンスサービス(千葉県成田市、國枝一武社長)は7月から、成田空港(千葉県成田市)の滑走路と誘導路の点検業務に赤外線路面点検車=写真=を導入する。舗装の温度差を測定し、内部の異常を検知する。温度情報の解析には、西日本高速道路エンジニアリング四国(高松市、矢野寛社長)の基本ソフト「Jシステム」を利用している。今後は人工知能(AI)で損傷の程度を見極めたり、舗装表面の異常を自動検出したりする取り組みの実現を目指す。
 赤外線路面点検車の導入は、中長期経営構想に掲げた業務効率化の取り組み「スマートオペレーション」の一環。健全な舗装体は舗装表面に温度の違いが出ない一方で、内部に空洞などがあると温度差が生じる特性を利用し、温度差を測定することで内部の異常を推定できるようにした。測定機器は車両に搭載してある。車両は時速30キロで走行し幅4・5メートルの測定が行える。
 従来の点検は打音や目視による点検が主体ながら、目視では内部の異常までは確認しにくかった。同点検車の導入に伴い、点検作業の速度は目視と比較すると4倍に早められるという。点検員の技量や経験に依存しない点検体制を構築でき、点検時間を最小限にとどめられるとも見ている。
 エアポートメンテナンスサービスは成田空港の滑走路、誘導路、エプロン、土木施設の日常点検や保守・保全を担当している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。