技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

安藤ハザマ、イクシス/BIMデータと連携した自律走行ロボット開発/自己位置認識  [2019年6月20日3面]

開発したロボット

 安藤ハザマとロボット開発などを手掛けるイクシス(川崎市幸区、山崎文敬代表取締役、狩野高志代表取締役)は19日、建築工事の自動化の基盤となる「BIMデータと連携した自律走行ロボット」を共同開発したと発表した。現場内で自身がどこに位置しているのかを把握し、自律走行するロボット。材料の取り付け作業や、資機材の運搬などを行うロボットと組み合わせることで、それぞれのロボットの作業効率をさらに向上させる。
 開発したロボットは、自身の位置を測定するためのプリズム自動追尾型測量機と、ロボットの移動指示と位置確認を行う「位置認識・移動制御システム」で構成する。BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データと連携した自己位置認識技術で制御する。システム、ロボット、測量機のデータ交換には無線LANを活用する。
 ロボットの位置や状態を正確に把握できる点が特長。ロボット上部の四隅には360度プリズムを設置しており、ロボットの位置を3D座標で確認でき、向きや傾きまで測定できる。測量機から検出しやすい1カ所のプリズムを順次露出し、それ以外を遮蔽(しゃへい)する機構とシステムから測量機の向きを制御する機構により、複数のプリズムを自動検出することが可能だ。
 ロボットが建築工事の現場内(工事作業範囲内)のどの位置に存在しているかを把握できるようになることで、材料の取り付けロボットと組み合わせた場合、その位置から材料の取り付け位置を正確に把握し、ロボットによる作業の効率化や省人化につなげることができる。さらにBIMと組み合わせているため、ロボットに移動経路を指示することによって資機材の運搬や墨出しなどを夜間に実施することも可能で、技能労働者は運搬をロボットに任せて取り付け作業に専念できるようになる。
 今後はロボットの軽量化と自己位置認識技術の高度化を進め、施工の自動化技術と連携した装置の開発・実用化を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。