技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大林組/技研施設をリニューアル/突風対策など技術開発加速  [2019年7月1日3面]

マルチファン型非定常気流風洞装置の外観

 大林組は6月28日、突風災害の対策提案や高性能な遮音構造の開発強化を目的に、技術研究所(東京都清瀬市)にある環境工学実験棟などのリニューアル工事を実施したと発表した。多様な気流を発生させる「多目的風洞実験装置」と、快適な音環境を実現するための各種実験を行う「音響実験施設」も更新した。
 多目的風洞実験装置には、多様な気流を発生させるマルチファン型非定常気流風洞装置を増設。81個の小型ファンの回転数や回転方向を個別に制御することで、さまざまな気流を作り出すことができるという。下降気流や竜巻の発生装置との同時稼働が可能で「従来の風洞では不可能だった複雑な気流を再現することができる世界初の実験装置」(同社)としている。発生前の状況を含めて突風現象を再現することが可能で、突風荷重の評価や対策技術の開発に生かしていく。
 音響実験施設は残響室を国際基準に準拠した直方体の形状に更新。試験体カセットを設置する自動搬送クレーンも配備した。より高性能な遮音構造の開発につなげる。
 環境工学実験棟リニューアル工事では、サーバー室でスーパーコンピューター設置などを行った。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。