行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東洋建設/都内で創立90周年記念式典開く/開拓者精神で未来へまい進  [2019年7月5日1面]

あいさつする武澤社長

 東洋建設が3日に創立90周年を迎えた。各地で記念式典を開催し90周年の節目を祝った。東京都千代田区の本社では、武澤恭司社長が、100周年を見据え、さらにまい進していくと表明。技術研さんを図り、より良質な社会基盤の構築に貢献していく方針だ。
 同社は兵庫県鳴尾村(現西宮市)の沖合を埋め立て工業港を造る鳴尾事業をきっかけに設立された。武澤社長は「鳴尾浜にある発祥の碑の銘に『海を拓(ひら)いて国土を成す』とある通り、開拓者としてのスピリットが創業の原点だ」と話した。その上で「鳴尾事業は幾度となく中止の危機に陥ったが、創業者である山下亀三郎氏の志を引き継いだ諸先輩方は決して諦めることなく、不屈の精神で事業を完結させた」と指摘。「今日から100周年、またその先に向けての新たな一歩が始まる。開拓者スピリットと不屈の精神で、笑って100周年を迎えられるよう頑張っていこう」と呼び掛けた。式典では永年勤続表彰や工事成績表彰なども行われた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。