人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/7月9日付幹部人事/次官に藤田耕三氏、技監は山田邦博氏  [2019年7月9日1面]

 国土交通省は9日付で幹部の人事異動を発令する。事務次官に藤田耕三国土交通審議官、技監に山田邦博内閣官房内閣審議官(国土強靱化推進室次長)が就任する。国土交通審議官に藤井直樹官房長、栗田卓也総合政策局長が新たに就く。
 官房長に野村正史土地・建設産業局長、総合政策局長は蒲生篤実鉄道局長、国土政策局長には坂根工博官房審議官(総合政策局、土地・建設産業局担当)が就く。土地・建設産業局長は青木由行都市局長を起用。都市局長には北村知久官房建設流通政策審議官、水管理・国土保全局長は五道仁実官房技術審議官が就く。
 官房では建設流通政策審議官に林俊行氏、技術総括審議官に浅輪宇充氏、技術審議官に東川直正氏が就任する。地方部局関係は北海道開発局長に後藤貞二氏が就任。地方整備局長は東北が佐藤克英、近畿が井上智夫、九州が村山一弥の各氏がそれぞれ就く。
 国土交通政策研究所長には河村俊信海上保安庁総務部参事官(警備救難部担当)、国土技術政策総合研究所長には伊藤正秀国土技術政策総合研究所研究総務官、国土地理院長には黒川純一良近畿地方整備局長、国土交通大学校長には神山敬次官房総括監察官が就任する。
 =2面に新任地方整備局長らの略歴

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。