行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

松村組/都内で125周年記念式典開く/より良い会社築く  [2019年7月17日1面]

式典であいさつする岩本社長=16日、東京都千代田区の東京本社で

 松村組は16日、東京都千代田区の東京本社で125周年の創立記念式典を開いた。同社幹部らが出席し、125周年の節目を祝った。
 冒頭、岩本恭治社長は取引先や同社関係者に謝意を示した上で「さまざまな出来事を乗り越えて、令和となった年に125周年を迎えられたことを大変意義深く思っている」と述べるとともに、「働き方改革に伴う労務環境の改善と、コンプライアンスの徹底が経営の根幹となる。皆さんと共に、より良い会社を築いていけるよう日々の業務に励んでいきたい」と抱負を述べた。
 パナソニックグループとしてのシナジー(相乗効果)が発揮されていることも説明。パナソニックとトヨタ自動車は来年1月に新たな街づくり事業会社「プライム ライフ テクノロジーズ」を設立する。松村組はプライム社の子会社になることから「(事業会社の一員として)社会に必要とされる企業を目指していきたい」と展望を語った。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。