技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

アイ・ロボティクス/小型ドローンで狭あい部点検/都内でデモ実施  [2019年7月30日3面]

管路間近を飛ぶドローンと撮影画像

 ドローン(小型無人機)関連のソリューションサービスを提供するアイ・ロボティクス(東京都新宿区、安藤嘉康社長)らは29日、東京都千代田区のLIFORK Labで、マイクロ・ドローンを使った狭隘(きょうあい)部点検サービスのデモンストレーションを行った。
 直径8~19センチという小型ドローンを使い、人が入れない狭い場所でも点検が可能。デモでは直径15センチの管路をドローンが飛行し、内部を撮影した。安藤社長は「管路やダクト、人が入ったことがない場所の点検ニーズが高い。超小型化は日本だからこそできると確信している」と話した。
 煙突や管路、トンネル、ダクト、発電所のボイラー、集じん機、屋根裏、床下などの内部点検を想定している。小型で軽量、人にぶつかってもけがなどの心配が少ない。打音など物理作業も可能な技術を開発していく。ガス検知機など計測器やセンサーと連携させたサービスも視野に入れる。
 同サービスは、プラント向け機械商社のリックス(福岡市、安井卓社長)や日本ドローンレース協会(JDRA、石神嘉兼代表理事)、マイクロ・ドローン撮影を手掛ける増田勝彦氏と共同で実施する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。