工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ホテルオークラ/東京本館建替(東京都港区)が竣工/総延べ18万平米の複合施設に  [2019年8月1日4面]

竣工したオークラプレステージタワー(正面)とオークラヘリテージウィング(手前左)

 ホテルオークラが東京都港区で進めていた東京本館建て替え事業で、ラグジュアリーホテルと高規格のオフィスを備える複合施設が7月31日に竣工した。総延べ床面積は約18万平方メートル。設計を大成建設・谷口建築設計研究所・観光企画設計社・日本設計・森村設計・NTTファシリティーズJVが担当。工事監理とコンストラクションマネジメント(CM)は三菱地所設計、施工は大成建設が手掛けた。
 同事業では旧東京本館(虎ノ門2の10)を、高層棟「オークラプレステージタワー」と、中層棟「オークラヘリテージウィング」の2棟に建て替えた。高層棟は地下1階地上41階建て。地上1~7階の中低層に宴会場やレストランを配置。8~25階にオフィス、上層にはホテル(368室)やフィットネスを設けた。中層棟(地下1階地上17階建て)には140室のホテルが入る。
 オフィス部分は日鉄興和不動産、大成建設、ホテルオークラ、日本政策投資銀行の4者が出資する特定目的会社(SPC)が、7月31日付で取得した。ホテル部分は「The Okura Tokyo」(オークラ東京)として、9月12日に開業する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。