行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

首都高速会社/小松川JCTと渋谷入口、19年内開通へ/都心のアクセス向上  [2019年8月8日1面]

小松川JCTで夜間に行われた架設作業

 首都高速道路のアクセス向上の一環で、首都高速道路会社が東京都内で改良工事を進めていた「中央環状線(中環)・小松川JCT」と「3号渋谷線(下り)・渋谷入り口」が年内に開通する。本線や周辺道路の混雑緩和、ルート選択の拡充などにより、快適な交通ネットワークの創出を図る。
 小松川JCTでは中央環状線の埼玉方面と7号小松川線の千葉方面を結ぶ連結路を設置する。既設の小松川入り口の隣に中環小松川入り口を新設。既設の小松川出口を小松川線の進行方向右側から左側に付け替える。加えて、小松川線沿道の付属街路(第3、4号線)の拡幅も行う。
 開通後は埼玉方面と千葉方面を結ぶルート選択の幅が広がり、所要時間の短縮が見込まれる。都心環状線や東京外かく環状道路(外環道)で事故などの突発事象が発生しても、中環を経由して常磐道や東北道へのアクセスが可能となる。
 渋谷線では渋谷駅東口付近に渋谷入り口(下り)を整備中。これまで同線の郊外方向の入り口は池尻入り口だけだったが、渋谷入り口によって渋谷・六本木エリア周辺から首都高へのアクセスが向上し、大橋JCTを経由して中環にもアクセスできる。渋谷駅周辺から湾岸線方面や埼玉方面に向かう際には、中環と都心環状線のルート選択が可能となり、所要時間の短縮にもつながる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。