工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

西新宿五丁目北地区防災街区整備(東京都新宿区)/特定業務代行は大成建設JV/組合  [2019年8月20日4面]

 東京都新宿区の西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合(佐々一郎理事長)は、建築物の施工などを担当する特定業務代行者に大成建設・五洋建設JVを選定した。2棟の高層ビル(総延べ約13万6000平方メートル)や公共施設などの施工に加え、事業推進に向けた協力や支援などを担う。工事工程は今後調整する。秋ごろの着工、2022年度の全体完成を目指す。
 計画地は西新宿5、6(事業区域面積約2・4ヘクタール)。東京メトロ西新宿、中野坂上両駅、都営地下鉄西新宿五丁目駅から徒歩圏内に位置する。設計はアール・アイ・エー・E.D.L.一級建築士事務所JVが担当。参加組合員として住友不動産が参画している。
 建物はA棟がS・CFT・RC造地下2階地上35階建て延べ9万2017平方メートルの規模。低層部に商業機能を配置し、中層部はオフィス、高層部にSOHO(スモール・オフィス・ホーム・オフィス)などを設ける。約400戸の住宅や店舗などが入るB棟はRC一部S造地下2階地上35階建て延べ4万4548平方メートルの規模を想定する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。