工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JR東日本、野村不/板橋駅板橋口地区再開発(東京都板橋区)/都が施行認可  [2019年8月23日4面]

複合ビルの完成イメージ

 東京都は、JR東日本と野村不動産が東京都板橋区のJR板橋駅前で計画する「板橋駅板橋口地区第一種市街地再開発事業」の施行を23日に認可する。両社が個人施行者となり、延べ5・3万平方メートルの複合ビル1棟を整備する。2020年3月の権利変換計画認可、同10月の工事着手、24年12月の竣工を予定している。
 区有地とJR東の所有地を一体開発する。施行地区は板橋1丁目、地区面積約0・4ヘクタール。施設規模は地下3階地上35階建て延べ約5万3660平方メートル、高さ約130メートル。用途は住宅、商業、公益施設、駐車場。区道や広場・空き地も整備する。駅コンコースから広場へのアクセスを工夫するのに加えて、駅前広場の交通機能を補完。総事業費は約240億円を計画している。コンサルタントはタカハ都市科学研究所、基本設計はJR東日本建築設計が担当している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。