技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/紙素材活用の仮設資材を土木現場に適用/工期やコスト半減  [2019年8月28日3面]

軽量な紙素材を活用しているため、人力と高所作業車のみでトンネル断面をふさぐ壁を構築できる

 清水建設は、紙素材を活用した仮設資材を土木現場に適用した。王子インターパック(東京都中央区、水田穣治社長)の特殊強化段ボール「ハイプルエース」を、山岳トンネル坑内に仮設するトンネル風門に適用。一般的な鋼材などの資材に比べて軽く、高所作業車で簡単に組み立てられる。組み立て作業に要する時間とコストが半減したという。
 風門に適用したハイプルエースは、重量物の包装資材として使う3層構造の段ボール材。衝撃吸収性能と強度に優れる。内部に空気層の空洞があり、保温性能や遮音性能も持つ。
 清水建設が長野県で施工する道路トンネルの現場に適用した。事前に構築した支保工に1メートル四方の段ボール部材を人力で固定。約100平方メートルの大断面の仮設壁を高所作業車だけで組み立てた。
 一般的な仮設資材の鋼材などの部材を使う場合、クレーン車で揚重しながらトンネル断面をふさぐ壁を構築していた。軽量なハイプルエースを活用することでクレーン車が不要となり、6人の作業員で作業時間は半日程度で完了。コストも従来工法の約半分に縮減できた。
 清水建設は王子ホールディングスと共同で、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けて土木現場への紙素材の適用に取り組んでいる。鋼材や木材に比べて軽くて扱いやすい紙素材を仮設資材に利用することで、作業負担の軽減や仮設施工の生産性向上を目指す。
 段ボールなどの紙工品は強度や耐候性の問題から、これまで建設資材として活用されるケースがほとんどなかった。近年は強度、耐火性能、耐水性能に優れる高機能紙素材が製品化されており、清水建設は建設現場での段ボールの適用可能性を検証。検証の結果、仮設資材としての性能に問題がないことを確認した。風門への適用などといった紙素材の仮設利用技術を「KAMIWAZA(カミワザ)」と名付け、普及拡大に取り組んでいる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。