企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

長大/「IT戦略推進センター」設置/技術サービス深化、社内業務効率化へ  [2019年8月29日3面]

 長大がITを活用した技術サービスの深化と社内業務の効率化を目的に「(仮称)IT戦略推進センター」を設置する。業務開始は10月を予定。同時期、経営企画本部に設置する「(仮称)新事業イノベーション推進室」や各事業部門と連携し、付加価値の高い提案につなげる考え。構造や道路交通など関連技術とITを融合し、自社とグループ各社の持続的な成長を狙う。
 IT戦略推進センターは▽グループが保有する技術サービスの向上▽業務プロセスの効率化-の2点を目的に設置する。橋梁や道路などインフラ整備で培ってきた技術とITを組み合わせ、官民発注者に高度なサービスを提供する。社内向けには、人工知能(AI)やロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)などを活用。事務処理など業務効率のアップに役立てる。
 組織体制はIT関連の知識が豊富な社員3人で構成する。将来的には他業種からの人材も積極的に投入する考えだ。他の事業部門に属さず、独立した形での設置を予定する。10月に設置する新事業イノベーション推進室が車の両輪となり、新規事業の発掘や技術の高度化などを推し進める。
 2030年を見据え、同社は長期経営ビジョンで30年9月期の連結売上高を600億円(18年9月期290億円)と目標設定。環境・新エネルギーや地域創生、海外での街づくりで収益を積み増す。IT戦略推進センターを核に「ソリューションを提供する」(塩釜浩之上席執行役員経営企画本部長)とし、経営目標の達成を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。