工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井不/日本橋再生計画が第3ステージへ/親水空間で新たな価値創造  [2019年8月30日4面]

日本橋川沿いににぎわいをもたらす(8月時点。将来イメージで実際の開発計画などとは異なる)

記念撮影する菰田正信社長(中央)

 三井不動産が東京・日本橋で新たな街づくりに取り組む。29日に「日本橋再生計画第3ステージ」の内容を公表した。日本橋の情緒あふれる街並みを生かしたこれまでの街づくりを継承しつつ、首都高速道路の地下化と連携した親水空間の形成などを進める。同日東京都内で会見した菰田正信社長は「新たな価値を創造するため、必ずやり遂げる」と力を込めた。=1面参照
 第3ステージは、2004年の「COREDO日本橋」の開業を機とした「日本橋再生計画」、14年からの「同第2ステージ」に続く新たな街づくりの指針となる。第3ステージのコンセプトは「未来に続く街道の起点、日本橋」。かつて五つの街道が合流した地で、世界中の仲間たちと共に挑み、創造していくという思いを込めた。
 第3ステージの実現に向けた重点的な取り組みの一つとして「豊かな水辺の再生」を挙げた。首都高地下化や周辺の5地区で計画中の再開発事業で、幅約100メートル、長さ約1200メートルの親水空間を創出。川沿いに商業施設を配置するなどで「首都高地下化で本来の姿を取り戻した」(菰田社長)日本橋ににぎわいをもたらすとした。
 菰田社長は親水空間をはじめ、歩行者動線の整備などで「東京駅周辺などにつながり、日本橋が東京の大動脈となる」と強調。「うるおいあふれるクリエーティブなエリアとして、水都東京の中心的役割を担う」とした。
 第3ステージでは、次世代モビリティーや宇宙分野を中心とした新たな産業の創出、日本橋の街全体を巻き込んだ世界的イベントの開催なども盛り込んだ。大企業が集積するエリア西側、ベンチャーが集まる東側が連携しつつ、エリアの個性を伸ばしていく取り組みも進めるとした。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。